打保屋の「白胡麻こくせん」は職人長一押しの逸品

こくせんは、江戸時代より庶民に愛され続けてきた、飛騨高山で最も長い歴史をもつ駄菓子です。

 

こだわりの焙煎(濃煎)で香りを最大限に引き出した白胡麻を、ふんだんに使用して水飴で煮詰めて固めた駄菓子です。

 

打保屋のつくる白胡麻こくせんは、ピーナッツを少し加えてカリッとした食感と香ばしさを際立たせています。

【商品名】白胡麻こくせん 120g

 

【賞味期間】120日


【材料】白胡麻、水飴、砂糖、きな粉、落花生


【アレルゲン】落花生、大豆、ごま

 

※パッケージをリニューアル致しました(令和元年初夏)